FC2ブログ

エンジンテスト

昨日エンジンOS FS-52の整備をしたので今日はテストをしました。
今朝目が覚めると外は強い風の音がしており、天気予報を見ると当地は風速10mとなっています。
午後からは7m程度になる予報なので近くの飛行場に登ることにしました。
到着すると流石に誰もいません。
エンジンテストだけで飛ばさないので強風でも問題ありません。
001_20210430162627c6d.jpg
早速燃料を入れてスターターをまわすと直ぐに始動しました。
ニードルを調整。
ハイは11,000回転、スローは何と1,900回転で安定、レスポンスも良好。
これで着水直前のエンストも無くなるでしょう。
時々、エンジンもメンテをしてやらなくてはなりませんね。
スポンサーサイト



エンジンの整備

GWに初日は雨。
飛ばせないので整備の日とします。
約20年ほど飛ばしているテトラの「飛燕」。
かなり老朽化しているのですが、処分するにはもったいないので整備してフロートを取り付け水上飛行機として再起しました。
001_20210429213847a6b.jpg
軽快に飛んでくれますがエンジンの調子が悪く、これまで2回、着水寸前にエンストしました。(陸上機と違い回収が大変)
そこで整備をすることにしました。
エンジンはOS FS-52。
002_20210429213848c99.jpg

先ずシリンダーヘッドを外します。
003-2_20210429221651789.jpg
案の定スラッジ(カーボン)がべったり張り付いていたのでコンパウンドで磨き上げました。
バルブはカーボンが分厚くこびりついているのでハンドドリルに着けて回し、サンドペーパーとコンパウンドで磨きます。

キャブレターローターも錆びています。
006_202104292138544a3.jpg
これもコンパウンドで磨きます。

アイドル調整ネジ、ニードルのOリングは劣化していると思われるので3か所交換します。
004-2_2021042922165280c.jpg

メーカーから購入しました。
005_20210429213852db3.jpg
エンジンは古いので製造終了して部品もありませんがキャブ部品は共通部品が多く今でも入手可能です。

カバープレートを外しクランクケース内を見ましたが殆ど錆びも無く、ベアリングのゴロゴロ感もないので今回はベアリング交換は見合わせます。
最後にバルブクリアランス調整をして組み込みました。
当面、水上飛行機の予定がないので陸上でテストをしてみましょう。

RCフライトレポート

今日の飛行場はNKFC。
晴天、強風(強風注意報が出ており6~7m)。
出席者は7名。
001_202104251801265b1.jpg

新入会員のM下さんが初飛行に挑戦。機体はEP「セスナ」
002_20210425180127911.jpg
離着陸はA教官にお願いしました。

上空飛行では本人に交替しましたが、さすが現役ヘリパイロット。勘所は心得ています。
今後精力的に練習を重ね上達して頂きたいものです。

U間さんは「アセント」とEP「ミュゼット」
003_202104251801285a8.jpg

A教官は「ファンタジスタ」
004_202104251801300ae.jpg


H本さんはYS115「アセント」
006_20210425180133547.jpg

T中会長は「タイガー3」
005_2021042518013195b.jpg
先日エンジンの修理をしたのでテスト。
問題なく始動をしアイドリングも安定。ハイは8,000回転ですがフライトはしていないのでパワーは確認無し。

M田さん、私も飛行無し。
強風でも順風なので飛ばせないことはないのですが、今日は滑走路周辺の牧草の刈り取り作業をしているので飛行はできませんでした。
007_20210425180134e0f.jpg
ロール状に巻いた牧草をトラックで次々に運びます。
008_20210425180136689.jpg
牧草の刈り取り作業は土日を避けて欲しかったですね。

平日のラジコン

NKFCの飛行場に行ってきました。
曇り微風、温暖と最高のラジコン日和。
出席者は僅か2名。
001_20210423201048243.jpg

M冨さんはGS32cc「スホーイ」
002_20210423201050371.jpg
これまで快調だったエンジンが本調子ではありません。
調整を繰り返しながらのフライト。
それとEP「スホーイ」
003_20210423201051335.jpg
電動は息つきもエンストの心配も無く調整不要でいいですね。しかも油汚れも無し。でもね…。

私は今日も「マンタ」
004_2021042320105275e.jpg
最近は車に乗せたまま。
それとEP「ドーントレス」
005_202104232010546bd.jpg

滑走路に隣接する牧草地の刈り取り作業が始まりました。
006_20210423201055506.jpg
作業機械の威力は実に凄い。

今日は2人ボッチでしたが抜群のラジコン日和で満喫できました。

零戦52型の製作(7)

遅々としてなかなか製作が進みません。
最初から最大の懸案であった重心調整用の錘の取付方法について悩み続けてきましたが、一か八かやってみることにしました。先ず、鉛を流し込む型枠をベニアで作成し、ボルト穴用に太い釘を差し込んでおきます。
001_20210422212831ded.jpg
鉛を空き缶に入れてガスバーナーで溶かして流し込みます。

アルミ板でステーを作りボルトで止めます。
002_20210422212832183.jpg
大きい方は約500g、細い方は300g。

大きい方はラジアルマウントにボルトで固定します。
003_202104222128345ca.jpg
細い方はカウリングにボルト止めします。(カウリングがあまり重いと取付ネジが耐えられない)

イグナイターとバッテリーはベニア板で作成したコの字形の棚に薄めたエポキシを塗り耐油処理をしたのでエンジンルームに取り付けます。
004_20210422212836ded.jpg
次々に問題に突き当たり、考える時間が長く進みません。

お山の飛行場

今日は近くのお山の飛行場に行ってきました。
晴天、弱風。出席者は4名。

M下さんはEP「ASCENT」
001_20210421154910a8b.jpg
それとヘリ「シャトル」
002_20210421154912289.jpg

I崎さんもヘリ「シャトル50?」
003_20210421154913aef.jpg

Oさんは「カルマート60」と[Sky Leaf Classic」
004_20210421154914631.jpg

私は「マンタ」とEP「ドーントレス」
005_20210421154916fa0.jpg
エンジンの調子は上々。
気温は27度に上昇。暑くなりました。

仲間のエンジン整備

仲間がいつも飛ばしている「タイガー3」のエンジンは中華製4C-91で当初から調子が良かったのですが1~2か月ほど前に突然スルスルと空回り。
原因はバルブスプリングが折れていたので部品取りエンジンの物を流用して復活していました。

処が先日、今度は急に回転が上がらなくなりました。
今日我が工房?に修理依頼に持って来たのでロッカーカバーを開けてみると直ぐに原因判明。
001_202104201713463e8.jpg
「タペット調整ネジ」が折れています。
替えネジが在りません。
幸か不幸か日本製品の完全コピー商品なので日本のメーカーから部品を購入することに(¥270)
以前も別の中華製エンジンでは同じ部品が折れたことがありました。材質まではコピーできないのでしょうね。

NKFC飛行場整備

当初予定していた作業日が雨だったので今日に変更して実施しました。
本日の作業員はT中会長、S三さん、MRさん、Wさん、私とほぼシルバーメンバー主体の5名。
土日に作業をすると仕事現役メンバーが飛ばす時間が奪われるからとの配慮?
そこで365連休のメンバーで実施することに…。
001_20210419164247a66.jpg

唯一若手のWさんにはチェンソーで進入路脇の大木2本を伐採してもらいました。
002_20210419164248a0a.jpg
木が硬く作業は困難を極めました。
003_2021041916425094a.jpg
この後更に短く切りました。伐採後の片づけ作業も重労働です。

午前中にはダンプカーで砂利を搬入してもらいました。
004_20210419164251e11.jpg
出入口近くの大きな窪みや途中のぬかるむ個所には埋め均し作業をしました。

天気は良かったのですが作業後は疲れて飛ばす気力も失せたので早めの解散となりました。

日曜日のNKFC飛行場

天気の風予報では6~8mとなっており今朝も外を見ると木々が大きく揺れておりとても飛ばすのは無理と思っていましたが仲間のM田さんが私の「マンタ」のキャノピー用にゴールドのカッティングシートを持ってきて頂けるとのことで、NKFCの飛行場に行ってきました。
出席者は3名のみ。
案の定、風は強くしかも完全なクロスウインド。
A教官はEP「ミュゼット」
001_202104182115079c2.jpg
彼は強風、クロスウインドは関係ありません。
常にあて舵操作で通常に飛ばしています。とても真似できません。

M田さんはYS-63搭載「スターライト」
002_20210418211508c06.jpg
初めて見る機体ですが、以前脚を損傷し修理してテスト飛行とか。
テストパイロットはA教官。
エンジンの調子もよく強風の中実に軽快なフライトでした。

あまりの強風に怖気ずいて私は飛行断念。
昼食前に全員撤収しました。

帰ってから頂いたカッティングシートを貼りキャノピーの補修は完了しました。
003_2021041821151081b.jpg
おかげで綺麗になりエンジンも回復したので今後も練習を頑張りましょう。

平日のラジコン

今日の飛行場はNKFC.
晴天、お昼近く風はやや穏やかになりました。
出席者は3名。
001_202104152024425e1.jpg

H多通信員は「スカイリーフ40」
002_202104152024434db.jpg

M冨さんはGS32cc「スホーイ」
003_20210415202444c26.jpg
前回エンジン始動せず。原因が判明して今日は快調なフライト。
動画はこちら。

それとEP機も「スホーイ」
004_202104152024468c8.jpg

お昼頃珍しく「彩雲」が見られました。
005_20210415202447e22.jpg
この画像ではあまり鮮やかではありませんが肉眼では綺麗に見えました。
因みに2年前孫の運動会に行ったときはもっと鮮明なものを見ることができました。
006_20210415202449fe8.jpg

私は今日も「マンタ」
007_20210415202450d35.jpg
最近不調になったFS-70アルチメイトエンジンの点検整備をしたのでテストを兼ねて持ってきました。
直ぐに始動、ケッチン無し、アイドリングは低速安定、飛行中の息つき無し。
どうやら復調してくれたようです。
4回ほどフライトしエンジンは絶好調となりましたが、腕の調子は終始不調。
どなたか腕の点検整備をしていただけませんでしょうか?
無理?部品交換もできない?
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR