FC2ブログ

水上飛行機「飛燕」離水せず

先日フロートを取り付けた水上飛行機「飛燕」のテストをするためNKFCの飛行場に行ってきました。
晴天、猛暑、微風。出席者は8名。
001_202008301928274c3.jpg
M田さんは「アポロ50」でしたがニードルを忘れて飛行できず。
MNさんは「ゴロー」と出席したが猛暑のため殆ど車の中。
F野さんは「スローポーク」飛んだかな?
MRさんは電動水陸両用機を陸上で飛行。
H多通信員は「X-450」
以上は写真がありません。

M冨さんは水上飛行機「パイパーカブ」とEP「ピッツ」
002_202008301928284ee.jpg
「パイパーカブ」は動画が間に合いませんでした。
それと「ピッツ」はあろうことか空中分解して機体回収も出来ませんでした。

T中会長は「タイガー3」と先日水上飛行機デビューした「ルーキー40」
003_20200830192830f3a.jpg
今回も単独飛行しました。

こんなことも。
004_2020083019283134f.jpg

私は先日初飛行した「チップマンク」とテスト飛行の「飛燕」
005_202008301928335e1.jpg
「チップマンク」は前回飛ぶことが確認できており問題なく飛行。(動画無し)
「飛燕」は初めて水面に浮かべて水中舵の長さを確認。
心配していた通りフロートが小さすぎて吃水は3分の2程沈んでいます。
折角持ってきたので水面を走らせてみました。

ラダーで方向修正をしようとすると、浮力が足りず横転しそうになります。
極力方向修正せず走らせてエレベーターを引いても離水しません。
もう1サイズ大きなフロートでなければ無理なようです。

前回は救助ボートの出番は無かったのですが、今回は6~7回と超多忙。
何よりも猛暑は半端なく、熱中症になる寸前でした。
スポンサーサイト



サーボの修理

最近は猛暑と悪天候でなかなか飛ばしに行くことが出来ません。
もっぱら引きこもり老人と化しております。

先日仲間に機体を頂いたので取り付けるサーボを探していたら耳の欠けたサーボが見つかりました。
001-1_20200828100235b7e.jpg
昔、仲間に貰ったものです。
テストしてみるとなめらかで非常にスムーズに作動。
そこでプラリペアで修理することにしました。
同型のサーボが無いので破損していない反対側に「型取りくん」を押し当てて型を取り、それを破損部分に当ててプラリペアを充填します。
002-1_202008281002360e2.jpg
黒もありますが白の方が強度があるようなので敢えて白にしました。
この部分はゴムブッシュを被せるので色は関係ありません。
これでまた1個復活しました。

水上飛行機「飛燕」

最近NKFCクラブでは水上飛行機熱が盛んになり、私は「シーハンター」1機だけしか無かったので先日から「カタリナ飛行艇」の修理、「チップマンク」のフロート取付け作業をしていました。
「チップマンク」は先日初飛行に成功しました。
次に完成したのはテトラ「飛燕」(FS-52)。と言っても20年ほど飛ばしている最古参機にフロートと水中舵を追加取り付けたものです。
陸軍の戦闘機が水上飛行機とは前代未聞かもしれませんね。
引込脚部分は浸水を防ぐためにPPシートをマスキングテープで貼りました。
001_202008261549394ab.jpg

フロートは以前、オークションで購入していたものです。
フロートの塗装はクリアウレタン塗装を省くためにタミヤミニ缶スプレーを使用したが、ムラがあり乾燥後塗料が剥がれてしまい失敗。
ホームセンターで購入したカラースプレーを吹き、クリアウレタン(つや消し)を上塗りでやり直しました。
手間と、費用の無駄使いをしてしまいました。
002_202008261549408fe.jpg
水中舵は尾輪と取り替えるだけの外装式で簡単です。
003_20200826154942c02.jpg
この角度から見るとやや細身。浮力は大丈夫かな?
004_20200826154943627.jpg
近々テスト飛行をしてみましょう。

チップマンク水上機飛行機初飛行

今日の飛行場はNKFC.
天気は薄曇り。時折強い風。出席者は5名。
001_20200824001131762.jpg
午後から出席したH多通信員が差し入れてくれたアイスクリームは最高でした。

M田さんは「アポロ50」
002_202008240011326e2.jpg
次期FX機に乗せる予定の「YS-160」エンジンを入念にテスト。
003_202008240011341dd.jpg

A教官は「エッジ」
004_20200824001135125.jpg
従来の55ccを70ccに換装。
先日購入したビデオカメラで撮ってみました。


T中会長は「タイガー3」と「ルーキー40水上飛行機」
005_20200824001136112.jpg
水上飛行機の離水、着水まで単独飛行は初めての経験です。
これも動画を撮りました。

私が機体を水辺に運んだので離水シーンは間に合いませんでした。
この機体は今日の出席者全員で交替して飛ばしました。

私は「チップマンク水上飛行機」とEP「ドーントレス」
006_2020082400113886b.jpg
「チップマンク」は2002年から飛ばしているテトラの機体でエンジンはOS-FS91。
前回離水に失敗したのでフロートのトーインをほぼゼロに、左右の傾きを修正して再挑戦です。

遂に飛びました。

便座交換

1年ほど前からウォシュレットが水漏れをするようになり最近水漏れが多くなってきました。
メーカーのサービスに見てもらったところバルブユニットが老朽化しているのが原因と分かりました。
しかし既に製造終了機種で部品供給は無く、基板もシールド材が溶けてむき出し状態で危険なので便座ユニット全体を取り換える必要があるとのこと。
001_20200819153104e63.jpg
サービス代行業者によると費用は10万円近くになる模様。
そこで早速、電気店、ホームセンターに行き便座ユニットを購入してきました。
数多くの種類の中に洗浄の温水が貯湯式と瞬間式があり、瞬間式はやや割高にはなるが電力消費が少なく、ランニングコストは安くなるので、こちらを選択。
002_20200819153105bda.jpg
交換作業は約30分ほどで終了。
費用も約3分の1ほどで済み、これまで気になっていたポタポタの水漏れが解消しました。

3Dプリンターの飛行機

今日の飛行場はNSRC。
晴天猛暑、風向きが頻繁に変わるが弱風。出席者10名。
午前中には仲間の機体が高い樹上に不時着。TJ田さんが1本梯子、安全ベルト、電動チェーンソーを使って回収。
クラブの救世主です。お疲れさまでした。
001_2020081616284114e.jpg

N次さんは「ライアン」「ピッツ」
002_202008161628436dd.jpg

K黒さんは「カーチスP-40」
003_20200816162844278.jpg

TN田さんは新作練習機
004_202008161628466ca.jpg

N田さんは「カルマート」「パイパーカブ」
005_20200816162847a5a.jpg

HY田さんは「零戦」
006_20200816162849c2a.jpg
それと「100式新司偵」
007_20200816162850ace.jpg

私は「アグワゴン」
008_20200816162852db0.jpg

Y下会長は「零戦」「Coo」「ビーチバロン」他
009_20200816162853ed8.jpg
それと本日初登場3Dプリンターで作製したという新作機
010_20200816162855f3e.jpg
聞いたことはありましたが初めて見ました。
011_202008161628561c1.jpg
多数の分割データを3Dプリンターで色付き素材(樹脂?)を使い分けプリントアウトして、そのパーツを組み上げるそうです。
脚、タイヤまでプリントアウトで作製。
パソコン、プリンターで飛行機を作る時代になったのですね。実に驚きです。
これまでベニアやバルサを切ったり、削って造ってきたアナログ人間の私にはついて行けそうにありません。

「カタリナ」水上飛行艇の修理(11)

最近天候が不安定で色塗装が済んだ機体にクリアー塗装するのが10日以上お預けとなっていましたが昨日漸く塗装しました。
今回は2液性クリアーウレタン缶スプレー艶ありと艶消しを購入しました。
ウレタンスプレーは高価ですが以前綺麗に塗れた経験があり、しかもコンプレッサーより手軽です。
処が小物は比較的綺麗に塗れましたが機体に吹くと粒状になるので2~3回重ね塗りしましたがむらがあります。
001_20200815151035a82.jpg
光沢のある部分とナシ肌状がまだら状態です。
002_202008151510362b1.jpg
仕方なく今日はコンプレッサーを使い更にクリアーウレタンを重ね塗りしたところ「ちぢみ(しわ状)」が発生し最悪です。
003_20200815151038c31.jpg
完全に失敗です。もう後戻りは出来ないので1,000番のサンドペーパーで研いでからコンパウンドで磨いて少しでも修正をしましょう。

これと一緒に「飛燕」のフロートにもクリアーウレタン缶スプレーで塗装しましたがこちらは艶消しを使用しました。
004_20200815151039775.jpg
こちらは綺麗に吹けましたが、作業途中吊るしていた針金から落下して傷が付いてしまいました。
005_20200815151041b42.jpg
これは修復しようがありません。
またもや塗装の難しさを思い知らされました。

エンジンの組み立て

連日雨が降り、強い風が吹き続き飛行も外での作業も出来ません。
カタリナや飛燕のフロートは色塗装は済んでいますが最後のクリアーウレタン塗装が10日以上お預けになっています。

先日OS FS-70アルチメイトの交換用ベアリングを注文していたら今日届いたので早速取り付け組み立てをしました。
001_2020081220364242e.jpg
右端はFS-91後用。
エンジンメーカーは製造中止商品で在庫は無いので「モノタロウ」から購入。
このエンジンのベアリング前:NTN608-2RS 119円、後:NTN6001LLU 289円。
分解したときに型番とサイズを確認しておきます。
エンジンメーカーもベアリングまでは製造せず外注品ですからね。
組み立て時にバルブクリアランス調整とアイドル調整バルブのOリングも交換しました。
これまでカムシャフトのタイミング位置合わせは全て6時の位置でしたがこのエンジンの場合は12時(0時)になっています。

現在取り付け予定の機体が無いのでテストベンチで始動しようと思いますがベンチがありません。
作ると置き場所に困るので全て機体に取り付けてからテストをしていましたが今回は折り畳み椅子を利用して作成を考えています。
ベースは家内から貰った古いまな板にエンジン取付け金具、燃料タンク他を取り付けようと考えています。
002_20200812210121b81.jpg
只、構想は途中まで。

エンジンの整備

昨日はNKFCクラブの飛行場に行きましたが、午前中までとのことでしたが、私が到着したのは11時過ぎ。出席者は5名。
001_2020080720012744d.jpg
機体はチップマンクの水上機仕様のみ。
状況が良ければテスト飛行と思っていましたが風が強く、皆さんもそろそろ帰る時間。
テスト飛行は次回に持ち越しとして飛行は断念。

今日は朝から一時雨。すっきりしない天気で塗装も出来ず。
そこで先日からアイドリング(スロー)の調子が悪いエンジンFS-70ULTIMATE2台のうち其々良好な部品を寄せ合わせて1台の稼働可能なエンジンとなるよう修復に取り掛かりました。
先ずはベアリング交換をします。
002-1_20200807201717b7f.jpg
ガスバーナーで熱しシリンダーライナーと後ろのベアリングを外しましたが前のベアリングが途中までしか出てきません。
色々と試してみましたが外れません。
そのうち適当な径のアルミパイプが有ったので再度バーナーで熱して裏側からアルミパイプを当ててハンマーで叩いたら漸く外れました。
003_20200807200130ec1.jpg
各ベアリングの型、サイズが分かったので別のエンジンのベアリングも一緒に購入しましょう。
ベアリング価格は安いですね。模型用の数分の一です。ピストンリングも欲しいのですがこればかりはエンジンメーカーでなければ有りませんし、この型のエンジンは既に製造中止で入手できません。

RCフライトレポート

長い梅雨が明けましたがNKFCクラブの飛行場は海抜ゼロメートルのため数日前まで水に浸かっていました。
漸く水も引き使用可能になったとの情報があり行ってきました。
本日の出席者6名で先ず草刈り作業をしました。
001_20200802182104823.jpg
作業機器の整備更新もあり順調に作業は進みました(でも暑かった)
008_20200802182115254.jpg

F野さんはEP機
002_20200802182106717.jpg

MRさんもEP機「レンジャー」
003_2020080218210761c.jpg

M田さんは「アポロ50」
004_20200802182109375.jpg

T中会長は最近お気に入りの「タイガー3」
005_202008021821106d9.jpg
会長だけに快調。
それと先日私と同じフロートを購入し「ルーキー40改」に取付けて登場。
006_2020080218211237d.jpg
テストは私に託されました。水中ラダーをテストするため浮かせてみましたが長いのでカット、さらにジョイントに問題がありグラグラしていますが一応滑走だけでもと走らせてみました。重心はかなり前重になっています。
水面滑走をさせるうちに行けそうだったのでエンジンフルハイにしてエレベーターを引くと問題なく離水しました。
上空でエレベータートリムを調整し、本人に交替し体感してもらいました。
着水も無事で自力帰還着岸出来ました。

H多通信員は「X-450」

実は先日ファインダーが使えるビデオカメラを購入して初めての撮影です。
液晶は屋外での撮影は反射してモニターが出来ずズーム撮影が出来ませんからね。
水上飛行機の撮影もしたかったのですが飛ばしながら撮影できませんから…。

私は「アグワゴン」
007_202008021821137da.jpg
作業疲れ、猛暑のため全員早めの撤収となりました。
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR