FC2ブログ

RCフライトレポート

連日風が強く、飛行は見合わせていましたが、久し振りに飛ばしに行ってきました。

晴天、風は体感3m程。上々の飛行日和です。

参加者は7名。

001_20190330232557b38.jpg

H通信員はGS[エッジ」

002_20190330232559c5f.jpg

Mさんは「HeroSport3D」

003_20190330232559757.jpg

Hさんは「TL-2000」

004_20190330232601b44.jpg

それとEP「P-51Dムスタング」

004-2.jpg

A教官はEP「ミュゼット」

005_201903302326048c0.jpg

S三さんはEP「テキサン」

006_2019033023260626b.jpg

それと、本日初飛行のSTOL機「ツンドラ?」

007_20190330232607053.jpg
1回目の飛行はパワーが無くてヨタヨタ。

2回目を飛ばそうとしたら火災発生。

なかなか火が消えず、お茶をかけて消火。

アンプが焼けて機体も内部が黒焦げになりました。

008_2019033023260851c.jpg

その後別のアンプに交換すると、元気に飛び回り、滑走路不要の離着陸。(新品なのに欠陥アンプだったようです)

RさんはEP「F-16」とドローン「ファントム」

009_2019033023261067b.jpg

私は2ST60「カルマートα45」と「チップマンク」

010_20190330232611cfc.jpg

今日は久し振りに強いクロスが無く、ほぼ順風で5~6フライトと充分楽しめました。
スポンサーサイト



セスナ-188アグワゴンの修理(13)

胴体尾部のテールコーンの取付け部、ネジ穴が欠けて取付けが出来ません。

色々と考えた末にグラスウールとプラリペアで修復しました。

005_20190329174558625.jpg

これにネジ穴を開け、塗装。

001-1.jpg

このテールコーンの中にはラダーホーンが内装されています。

002-1_20190329174555a5c.jpg
処が、大きくガタがあり原因追及には時間が掛り、修正には苦労しました。

昨日、カラー塗装は完了したので、クリアーウレタンの塗装をしました。

翼のオレンジは賞味期限の切れたオラカバなので、今後透明フイルム部分が剥がれることが予想され、端にはウレタンを刷毛塗りしました。

003_20190329174555db8.jpg

エンジンカウル、ウイングストラットカバー、水平尾翼にはコンプレッサーで塗装。

004_2019032917455712f.jpg

ウレタン塗装は久し振りに上手くいきました。
希釈とノズルサイズの選択がポイントのようですね。

セスナ-188アグワゴンの修理(12)

いよいよ私の苦手な塗装にかかります。

水平尾翼修理個所には白のカッテイングシートを貼っていたのでダークブルーを塗装。

001_20190328142003909.jpg
上手くいきました。



次にウイングストラットのカバーとエンジンカウルの塗装です。

002_20190328142005d7b.jpg
白は缶のアクリルラッカーを塗りましたが、波打ちまだら、流て駄目です。
乾いてから水ペーパーで磨き落として再塗装。

2回目も駄目で再度繰り返し。3度目に漸く我慢できる程度に。

次にオレンジ色は黄色と赤を混ぜてコンプレッサーで吹きました。

最初はノズル2mmでは塗料が充分出ないので3mmに交換。初めのうちは順調ですが次第にノズルの口に塗料が固着していき、その破片が飛び、糸くず、つぶ状に付着して綺麗に仕上がりません。

塗料が濃いかったのかもしれません。

面倒なので再塗装はせずコンパウンドで磨いてみましょう。

最後はクリアウレタンの塗装もしなければなりません。

セスナ-188アグワゴンの修理(11)

最近は連日風が強く、風向きもクロスでなかなか気が向きません。

そこで修理に取り組みます。

修理した尾翼をカバーしました。

001_20190326215157c0f.jpg
元のカバーはのり付きシートでアイロンの熱は禁物なのでフイルムは貼れません。

そこでカッティングシートを貼りました。

これに塗装をします。


次にウイングストラットを付けます。

002-1_20190326215159787.jpg
元オーナーは付けていませんでした。
翼側はカバーが付いており、両端のボルト止めは取り外しが非常に困難なので改良しました。

003_201903262151596e1.jpg
翼側はアルミ板をコの字形の受けを作成し、ピボットリンクジョイントをボルトナットで止めます。
翼を取り外してもウイングストラットは翼に付いたまま、上下に動くので収納には無理がかかりません。


まだこの先、塗装やリンケージもあり、暫くかかりそうです。

墜落してしまいました

今日は朝早く、家内をバスセンターまで送ったので、その足でNKFCの飛行場に行ってきました。

9時前に到着。初めての一番乗りです。

久し振りの快晴弱風。

参加者は7名。


HさんはEP「P-51Dムスタング」

001_20190324232944ece.jpg





A教官はEP「アセント」

002_201903242329460ff.jpg
それと「アバンティ」
003_20190324232946ede.jpg




F野さんは昔、自分が乗っていた「F86Fセーバー」80mmダクト

004_201903242329497f9.jpg




H通信員はGS「エッジ」

005_201903242329496c0.jpg




Mさんは「スーパースポーツ」

006_201903242329504c1.jpg




S三さんは「スーパースポーツスター」

007_20190324232952f39.jpg
それとEP「テキサン」
008_201903242329539a6.jpg



私は「チップマンク」とEP「ドーントレス」

009_20190324232955723.jpg


今日は早く行ったのでエンジン機3回、EP5回と何時もより飛行回数は多く飛ばせました。
処が「ドーントレス」の5回目で離陸直後ノーコンに…。

直ぐに正常に戻ったので風に煽られたのかと思いながら飛行を続行。

そろそろ着陸しようと脚を出して間もなく、またもやノーコンに、今度は復調せず地面に激突。

前回、モジュールが故障した時と同じ症状です。

010_2019032423295652d.jpg


調整も取れ快調に飛ぶようになったのに残念。短命でした。

飛行場のメンテ作業

NKFCの飛行場の進入道路の補修作業をしました。

ここの飛行場は元々は海(潟)でした。

諫早干拓の堤防により干上がり広い敷地が出来たそうです。

従って、私たちが使っている滑走路は防波堤の下(元海側)です。

003_201903231749258e7.jpg

元々潟だったので雨が降るとぬかるんで動けなくなることも。
そこで時々、砂利を購入して補修をします。

001_20190323174924889.jpg
砂利はダンプに2台。

002_20190323174924706.jpg
本日の作業員は7名。(高齢者から順に参加?)



午後から飛行予定でしたが、午後から急に風が強まり、然も完全なクロスウインド。

F野さんはEDF「F-86Fセーバー」

004_20190323174927eb3.jpg



HさんはEP「P-51Dムスタング」と「TL-2000」

005_20190323174929d29.jpg
TL-2000は離陸しようとしたら風に煽られプロペラが接地して折れてしまいました。



H多通信員はGS「エッジ」

006_2019032317492931c.jpg
強いクロスウインドの中果敢にフライト。無事帰還。


益々風が強まる一方なので、飛行は断念して早めに撤収しました。

着弾しました

私が持っている機体はカルマート以外は全てスケール機。

仲間が飛ばしているスタント、アクロ機で私も色々と遊んでみたいと思っていました。

20㏄エンジンが1つ空いており、このクラスの機体を探していました。するとKKHobbyから「Sバッハ」が発売になり、購入しようと思ったものの、我が家には既に置き場所が無く、躊躇しているうちに完売になりました。

仲間が同型機を飛ばしているのを見て、更に欲しくなり、再入荷を期待していました。

すると先日、再発売になり、迷わずクリック。

001_201903221228320fc.jpg

いざ到着はしましたが、デカくて案の定置き場所が在りません。(今日から立って寝る?)
組み上げると倍以上のスペースは必要でしょうね。

現在修理中の機体が出来上がってからと云うことで、飛ばすのは暫く先になりそうです。

セスナ-188アグワゴンの修理(10)

先日、主翼にベースとなる白フイルムを貼ったので、次にカラーフイルムを貼ります。

元のカラーに最も近いゴールデンイエローはオラカバしか手持ちがありません。

以前、買い溜めしていたもので、開けてみると案の定、色糊部分が乾燥しているようでパラパラと剥がれ落ちます。

どうやら賞味期限切れのようです。

仕方がないので比較的状態の良い個所を選んでカットして、腫物を触るように慎重に貼りつけました。

重ね貼りでは空気が入らないよう、洗剤を垂らした水で濡らすのが良いのでしょうが、色糊部分が剥がれるのでそれも出来ません。

僅かカラー帯部分を貼るだけなのに、ほぼ1日かかってしまいました。

001_20190321191724aa1.jpg
粘着力も落ちているのか着きが悪くシワが残り、端は細かく剥がれが目立ち綺麗に仕上がりません。
これだけのカラー部分にわざわざ新品の高価オラカバを買うことも出来ず、我慢します。




次にステカで機体ナンバーを切り出しました。

002_20190321191727893.jpg
これは簡単、確実ですね。
でもまだやることが一杯、先が長いですね。

お山の飛行場

朝には雨も降り止み、晴天になったので、お山の飛行場に登ってきました。

今日は残念ながら天気予報の「強風注意報」が当たりました。

さすがにWさんと二人だけ。

001_20190319205419777.jpg
風は吹き荒れ、全く飛ばせる状況ではありません。
二人で口で飛ばし、早めの昼食、コーヒータイム。




コンテナの裏側に機体の残骸が…。

002_20190319205421444.jpg
20~30ccクラスのグラス胴の「P-51Dムスタング」のようです。
どうしたのかな?



風は収まる気配も無く、午後には下山しました。

セスナ-188アグワゴンの修理(9)

次ぎ次に難題に突き当たりながらも少しずつ進行しています。

プランクの終わった主翼にベースとなる白のフイルムを貼りました。

001_20190318191144aaf.jpg

今回は初めてHK製のフイルムを使ってみました。

以前から使ってみたいとは思っていましたが、品質が心配で躊躇していましたが、ブロ友の方々から、

なかなか良いフイルムとの情報を頂き購入しました。

5m巻$9少々。(価格はオラカバの1/8)

エクセルコートやイージーフイルムとほぼ同じ。

貼り易くて、シワも無く仕上げることが出来ました。
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR