FC2ブログ

親切な対応

私は通常模型販売店「KKホビー」さんをよく利用しています。
3月頃廉価サーボ4個を購入した内の1個が作動不良。
購入商品同封の注意書きには「到着後直ぐに作動を確認し不良品は1か月以内に対応する」旨記されています。
既に当該商品は在庫が無いので1ランク上のサーボを購入しようと思い電話してみると、何と交換して頂けることに。
私が正常作動の確認を怠り、既に3か月ほど経過しているのに。

直ぐに交換商品が届き、然も切手を貼った返信用封筒まで同封されています。
以前飛行会で小西さんとは前夜祭の宴席でも2回程一緒させてもらいましたが実に誠実で紳士的な人柄。
商売にも人柄は現れるのでしょうね。
スポンサーサイト



EPスピットファイアーの修理

6年前、私にとっては数少ない3機目の電動機を購入しました。
孫達がまだこんなに幼い頃。

無傷の頃の機体。

リポバッテリーを3300~3700mAhにすべきところを2200mhAを載せたので重心が全く合わず直立。
トリム調整をしても追いつかず3回目のフライトで失速して大破してしまいました。
スペアパーツは直ぐに取り寄せたものの長年放置していました。
最近スピットファイアーずいたので遂に修理を実行。

接合部は目立たないようパテ埋めし色合わせした水性アクリルで塗装をしました。
墜落の衝撃でモーターマウント取付け部の強度に不安は残ります。
果して飛んでくれるかな?

フライトレポート

週間天気予報はなかなか当たりませんね。
幸いなことに今日は梅雨の中休みとなりました。
そこでNKFCの飛行場へ、参加者は10名。

今日はH多通信員のゴルフ場空撮の話題で盛り上がり?

M会員は「HERO 3D」ほか


A教官はGS「レーザー230Z」


H少尉は「ムスタング」ダブル


S藤会長は「マンタ」


H本会員は今日はスケール「ヘルキャット」


F野会員は「F-86セーバー」

翼は板パネ。今日も1回だけ滑走離陸に成功。

M田会員はテトラの「オリゾン」


H多通信員はGS「エッジ」


R会員は「F-16」と「コルセア」


私は「Mig-3」
それと「スピットファイアー30cc」

今日こそ初飛行と思ったのですが信じられないトラブルが発生。
片方のエルロンサーボが故障しブルブル震えてます。(新品なのに)
それと片方のフラップが降りてフラップスイッチが作動しません。
どうしてこんなに次々にトラブルが発生するのでしょう。
仕切り直しです。

ドローン空撮完了

先月からRCクラブ仲間のH通信員に何度も足を運んでもらいドローンによるゴルフ場のコースの空撮を重ねてきましたが漸く完了しました。
彼は仕事の合間を縫い、天気の良い日を選んで来てもらっていましたが、プレーヤーに切れ目が無く空振りに終わる日もありました。
プレー中は飛行できずホールアウトするのを待ってから撮影開始するので待ち時間が長く、精々4~5ホールしか撮れません。
撮ってもらってからは私の編集作業が始まります。
漸く18ホールが完了し、会社のGoogleアカウントを作成し全てyoutubeにアップしました。

二人とも初めての挑戦でしたが回を重ねる度に少しずつ要領が分かってきました。
これまでゴルフ場のホームページのコース紹介はイラストと写真のみでしたがこれで幾分分かり易くなると思います。
後はゴルフ場のホームページにyoutubeのリンクを貼るだけで完結ですが、残念なことにホームページは業者に委託しているため自分で勝手に変更できません。
業者が「更新作業の見積もりを作成します」とのことですが、更新の度に相応の費用、時間がかかるのは勿体ないですね。

スピットファイア30CCの改修

先日、初飛行を試みたがメインギアが引込み失敗。
原因はロックが甘かったようで、同型機を製作中のRさんからギアのピアノ線の強度が弱く補強をしたと聞いていました。
脚を外してみると案の定ピアノ線が波打って曲がっています。
ロックが甘く滑走による負荷が相当に大きかったようです。
そこでサーボホーンのストロークを増やし、ピアノ線の補強をしてみました。

補強はロッドアジャスターにピアノ線をハンダ付けしました。
これで脚は大丈夫と思いますが。

フライトレポート

昨日エンジンテストをした「スピットファイアー30cc」の再調整と初フライト挑戦のためNKFCの飛行場に行ってきました。
晴天やや風あり。
参加者9名。


Hさんは「ムスタング」と「ワイルドキャット」



F野さんはGS「トルク」

それと手投げ「F-86セーバー」を滑走離陸させるため車輪を付け、先日から何度も挑戦していますが草の抵抗で機速が上がらず。
今日はやっと滑走離陸成功。

しかしその後はやはり草の抵抗に負けて無理。

S藤(昭)さんはムサシノ「ホープ26」


H本さんは「アセント」


ニューフェイスM田さんは「アポロ50」


H多さんはGS「エッジ」


Rさんは「ツカーノ」とEDF「F-16」


私は「スピットファイアーMK2」

それと「スピットファイアー30cc」
写真を撮る暇が無く昨日の画像。

ニードルを再調整。
Rさんに助手をしてもらったところ早速に機体を滑走路端に運び離陸スタンバイ。
仕方ない。意を決してスロットルを上げ離陸開始。
処が2~30m走ったところで片方のメインギアが引込んでしまいました。
ロックが甘かったようです。
Rさんも同機を作成中でギアリンケージのピアノ線に問題があり、たわみがあるので補強した方が良いと聞いてはいました。
再度仕切り直しです。

お山の飛行場に登ってきました

朝から病院のハシゴでした。
午後からスピットファイアー30ccのエンジンテストのため近くのNFRCの飛行場に登りました。
ラインのグループトークで強風との情報が入っていましたがエンジンテストなら強風でも問題なし。
本日の参加者は10名。

到着すると皆さん飛行を断念したのか飛行場整備をしています。
チェーンソーで木を切ったり滑走路周辺の草を刈ったり。

そして滑走路端の機体が旋回する個所が狭いので草を短く刈り、シートを張り旋回出来るように簡易エプロンを作成。

これを2列張ったので着陸後は楽々旋回できそうです。

Y下会長は「零戦」と電動機。


M橋さんは今日も車一杯電動機。


H田君は「ピラタスポーター」と「テキサン」

この「ピラタスポーター」は昔私が飛ばしていた機体を彼が軍用色に塗装替えしたようです
この後「テキサン」がエンストして…。ドローンでも捜索しましたが…。

風も随分落ち着いたのですが中々飛ばすのを自粛する方が多いようで管制塔も暇のようです。

私は古参機「ズリン45」を2フライト。

それと「スピットファイアー30cc」のエンジンテストをしました。

タコメーターが2つ共言うことを聞かず正確に計測できません。

L、Hとも慎重に調整し一応出来上がりましたが、まだ納得できるほどアイドリングの低回転が得られていないような気がします。
明日も挑戦してみましょう。

2018.6.9フライトレポート

仲間に依頼されていた各種デザインのカッティングシート、DVDを渡すためにNKFCの飛行場に行ってきました。
晴天微風。参加者6名。


A教官は「レーザー230」とEDF機


H本さんはYS115搭載「アセント」


S藤(正)さんはFS-30搭載ムサシノ「ホープ26」


H少尉はEP「零戦」とコリアンカラー「ワイルドキャット」


Rさんは「F-16」

流石に県のスケールインストラクターだけに実機らしい素晴らしいフライトです。

私は前回と同じく「スピットファイアー」

それと「Mig-3」

久し振りにTAIYOの「零戦」3セルも同伴。

夜はSさん宅に5名集結。宴を催しました。

食べ尽くした後の画像ですみません。
なぜか夜は昼間の倍以上盛り上ります。

禊(みそぎ)を受けた機体は長生き?

先日スピットファイアーMK2を高い木の上に墜し、無事生還しましたが、完成して間もない頃離陸時に失速墜落して胴体真っ二つ。
二度の禊を受けました。

高い木の上に墜したのは他にも有ります。
普段飛ばしている「Mig-3」です。

これも完成して間もなく、飛行のたびにエレベータートリムがずれ、数回目の飛行時遂にエレバーターが制御不能になり山に墜落。
捜索しても見つからず3日目の捜索で30m程の高い木のテッペンに見つけました。
その時はクラブ仲間に登ってもらい長い竿で突き落として貰いました。
但し、落下のショックで大破。
廃棄処分にしようと思っていましたが修理して現在も元気に飛んでいます。
原因はエレベーターサーボホーンのネジ止め部分が割れて負荷がかかると空回りしていました。

他にも大修理をした機体はありますが以外にも禊を受けた機体は調子よく飛び長生きするようです。
スピットファイアーMK2もそうあって欲しいですね。

2018.6.3フライトレポート

NKFCクラブの例会なので連日ですが行ってきました。
雲は多かったものの微風。日差しが強くなくて助かりました。
参加者は11名+ギャラリー1名。


F野さんは手投げ用「F-86セーバー」を車輪付きに改造。翼は板パネ。

前輪の径が小さく芝の抵抗で機体が前進しません。
数名のメンバーが手投げを申し出るも、折角車輪付きに改造したからとお断り。結局飛ぶことはありませんでした。

新入会員のM田さんは往年のスタント機「タイジ91」

H本さんは「アセント」

オーバーホールしたYS115は絶好調。

Mさんは「アポロ35」


A教官はGS機「レーザー230」

翼の文字はイラストレーターで作画してステカでカッティングした私の作。いいでしょう(ちょっぴり自慢)

Rさんは「F-16」


Hさんも「F-16」それとEP「零戦」


S藤(昭)さんは新造ムサシノ「ホープ26」と「F-18」

F-18については今日は電池のセルは間違えず元気よく飛んだものの着陸時は頭上げでホバリング。
救出劇や応急修理での再飛行をするも着陸時の頭上げは直らず。
重心かな?

S藤会長は「イクシーガ」

S藤さん同士がバトルを繰り返し同時着陸したら追突して…。
こんなことになりました。


T中さんは先日初飛行した「ルーキー40」


私は「Mig-3」

それと昨日もエルロンが不可解な動きをして再び命拾いした「スピットファイアーMK2」

今日は受信機とエルロンコネクターを交換して再挑戦。
エルロン、エレベーターも5~6コマ調整が必要でしたがトラブルが起こることも無く順調に飛んでくれました。
メデタシメデタシ。
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR