FC2ブログ

フライトレポート

天気予報では明日から雨らしいので今日行ってきました。
お昼直前に飛行場に到着すると2人しか居ません。
午後から2名出勤し僅か5名のちょっと寂しい参加者数。
風がやや強く、暑さはこれまでと違い猛暑とまでは至らなかったようです。

M冨さんは「Sバッハ」


A木さんは「レーザー230」

初めてエンストしたそうですが、その後は軽快なフライト。

H多さんは「アポロ50」

A木教官の厳しい指導の下、パターンの技量はめきめき上達しています。

私は「チップマンク」

先日初飛行した「スピットファイヤ」も調整して持参したものの、風が強く滑走路の草丈が高く飛行は中止しました。
スポンサーサイト



魚雷艇の修理(2)

マフラー延長パイプの適度なサイズを見つけることが出来ず行き詰っていましたが、懸命ににジョイントパイプを探したところ「ハットリモデル」でガソリン機用マフラージョイントを見つけ購入しました。

ゴムジョイントとして購入しラベルにもそう書いてある。
処が裏にはアルファベットで「SILICONE」と書いてある。

現物はシリコンのようだが、どちらが本当?
既存のジョイントは黒の耐熱ゴム(青○)

シリコンだとしてもかなりの肉厚でガソリン機用なので当分耐えるでしょう。

一通り問題箇所の修理は完了し、シャフトのグリスアップ、古いチューブの交換もしました。

前回エンジンの調子は上々だったのできっと快走してくれるでしょう。
隣のブルーシートに覆われている50ccクルーザーもたまには走らせたいのですが運搬、始動が重労働ですから…。

フライトレポート

東日本は台風により水害が発生し多大な被害が出ているようです。
しかし当地は1か月間殆ど雨が降らず(1日だけ短時間)困ったものです。
今日は久しぶりにWさんと休みが一致しNKFCのクラブに行ってきました。
相変わらず強烈な日照りが続き気温は37度の猛暑でした。

平日にも拘わらず参加者は6名です。
毎日日曜日の人、たまたま休みの人、仕事途中?の人も。

M会長はYS53エンジン搭載のスポーツ機。
エンジンの調整に苦慮。


H多さんは週に何回飛ばしてるの?熱心ですね。


S藤さんはエンジン調整に苦慮していましたが、原因はエンコンサーボの故障と判明。(写真が有りません)

M冨さんはGS GT-22搭載の「零戦」ですが、脚の不調。


WさんはGS30㏄搭載の「エクストラ260」エンジン不調で苦慮。

それとFS-91搭載の艦上攻撃機「流星」。これは軽快な飛行。
今日は魚雷投下なし。


私は先日初飛行した「スピットファイヤ」と「カルマート」

何と!先日調整した際ニードルを自宅に忘れてきました。
ボケが始まったのか、暑さのせいなのか。
「カルマート」で遊ぶしかありません。
今日は「皆コケタ」1日でした。

ゴルフコンペ

今日は元職場OBによる毎月のコンペでした。
今日は猛暑が予想されていたので万全の準備で臨みました。
今回は例月より少なく23名の予定でしたが、内2名が乗った車がゴルフ場到着直前で横道から飛び出した車に衝突され残念ながら21名でのプレーとなりました。(幸い怪我はなかったとか)

私の組は同年代の気の合う仲間と。


私以外はスコアー80前半の実力者。

予想通り猛暑です。

プレー中だけでもボトルのお茶1リットルとスポーツドリンク500ml1本を消費。

猛暑でも楽しいプレーでした。
幹事長が表彰のやり方を工夫。
下位参加賞から順に発表、大いに盛り上がりました。

スピットファイヤーの調整

連日の猛暑続き。
流石に連日の飛行は行けませんでした。
今日は休養日で昨日初飛行した「スピットファイヤー」の調整他。
エアコンの無い作業部屋に居ると休養にはなりませんね。

昨日エレベータートリムを大幅ダウンにして漸く水平飛行出来ましたが、エレベーターは一見しても大きくダウンになっているのが分るほど重心位置がずれています。
今後トリム修正だけで飛ばすには飛行特性にも大きく影響するようなのので重心調整をします。
受信機電池は前方に空きスペースも無く止むを得ずおもりを載せることにしました。

極力デッドウェイトは避けたかったのですが少しでも効率良くと、カウリング先端に鉛80グラムをボルト、ナットで付けました。
これで幾分ダウン量は減るでしょう。

それに長年使ってきた工具箱が古くなったので別の物に変えました。

そこで中の間仕切りやトライバー立てなどの工作も取り掛かりましたが、とにかく暑くて作業は遅々として進みません。
最近1か月の間に雨が降ったのは僅か1日だけ、然もほんの短時間。
今年は台風も東日本ばかりです。
たまには低気圧が水を運んできて欲しいものです。

スピットファイヤーの初飛行

今日も天気良過ぎ、猛暑36度でしたが気力を奮い起こして行ってきました。
本日の参加者は7名。皆様ご苦労様です。
其々、熱中症対策は備えて臨んでいます。

T中さんはコース取り着陸の練習に余念が有りません。


Hさんは「ビートオン」と高翼機


F野さんはSAITO FG-17搭載の「テキサン」


M富さんはキャニスターマフラーを装着した「スホーイ26」


A木さんは「レーザー260」


私は最近定番になったENYA80-4C搭載の「カルマート40」
実に素直な飛びで楽しめます。


それに本日の目的フェニックスモデルの「スピットファイヤー」の初飛行です。

エンジンは既存の機体から換装したOS FS70SⅡ

エンジンは最初から快調です。
処がいざ離陸しようとするとくるっと回ります、グランドループ?
すると助手をしてくれてたT中さんから「ラダーが逆では?」との指摘。
リンケージの際何度も確認したはずなのに…。
危ないところでした。T中さんありがとね。

簡単に離陸しましたが頭上げです。
トリムダウンしましたがまだまだ頭上げ。大幅にトリムダウンして漸く水平に。
説明書による重心位置は翼前縁から90~95ミリとなっていましたが、自宅で確認したところかなり前重でした。

受信機用バッテリーは機種部のスペースに付けたのでアップ修正が必要と予想していましたが逆です。
重心位置は前縁から80ミリ程度が適正と思います。
後はエルロントリムを少し調整。
フラップは上々。
トリム調整後は調子よく飛んでくれました。
4ST70エンジンではやはり、ややオーバーパワー。
OSなら4ST56~62辺りがベストかも知れません。
中々飛びも良く非常にコストパフォーマンスの高いお勧め機体です。

魚雷艇の修理

以前先輩から譲り受けた魚雷艇「PT-109」を2年程前苦労の末マフラーを取り付け走行させていましたが老朽船のため数々のトラブルが発生。
最初は船底と側板の接着剤が老朽化、隙間から浸水。
エポキシ接着剤をドライヤーで流し込み解決。
その後マフラー延長パイプを接続していたシリコンパイプが熱で破損。
やはりガソリンエンジンにはシリコンパイプは無理でした。
それに前回走行時、船底のベニアが膨れてブヨブヨになっていました。
そこで水上飛行機、ボート合宿の前に修理をすることにしました。
先ずはエンジンを取り外します。

古い「KAWASAKI」エンジン(クラッチ付)37㏄?

膨らんだ最上部の板はカッターで切り取りグラスウールを貼ります。
使用した材料。

グラスウールは2枚重ねで貼り付けました。
パイプの接続には耐熱ゴムパイプが欲しかったのですが、入手できずテフロンパイプを購入しました。

テフロンパイプは非常に硬く径の違う物はバンドで締め付けることが出来ず外径20ミリの金属パイプが必要になります。
ホームセンターに探しに行きましたが同サイズが有りません。
内径20ミリの耐熱ゴムパイプも無く行き詰ってしまいました。

精霊流し

今日はお盆の最終日、6時頃帰宅しましたが周辺は既に爆竹の音が鳴り響いています。
長崎恒例の「精霊流し」です。
大小の精霊船が流し場に向かいます。
家族だけの船や

小グループの船

車輪付きの船(水陸両用?)
我が家の周辺で爆竹の音が鳴り響くのは9時過ぎくらいまででしょう。
大型の豪華船は市の中心部、県庁坂や大波止方面で見ることが出来ます。(但し、爆竹の轟音のため耳栓が必要)
歌手「さだまさし」のお母様の精霊船も出るようです。
数年前 I 先輩の精霊船はラジコン仲間で飛行機仕様にした船を担ぎました。
訳あって艦載機は陸軍の「隼」(笑)

お盆の墓参り

昨日は例年の通りお盆の墓参りに北九州、芦屋、福岡と日帰りで行ってきました。
途中、佐賀のサービスエリアに立ち寄ったらこんな光景が…。
男性トイレの案内板にツバメが巣を作って表示が見えません。

高速道は福岡まで順調でしたがその先2回も事故渋滞に遭遇し到着予定を1時間半ほど延着。

例年、登りは渋滞は殆ど無いのですが。

2回目の渋滞原因はトンネル内の多重追突事故でした。

お盆は家族一同が会する良い機会でもありますね。
会食も終り一路北九州から芦屋へ向かいます。

昔と違って今は都市高速が有るので便利になりました。

若戸大橋経由で。
芦屋は航空自衛隊芦屋教育隊のある所。
航空祭にはよく行きました。
こちらにあるのは家内が子供の頃良く可愛がって貰った近所のおばちゃんのお墓。毎年お焼香は欠かしません。
傍の木には何時も「セミ」が数十匹群がっています。

こちらも大渋滞のようです。

最後は私の実家のお墓がある福岡に向かいます。
高速道の下り線は毎年渋滞するので一般道の495号線を走ります。
スムーズに走れますが一般道なので時間はかかります。

此処の墓地からは遠くに福岡ドームが望め、親父が大好きだった野球観戦を楽しんでいることでしょう。
特にソフトバンクがトップ独走してますから。

スピットファイヤー70の完成

暇を見つけてコツコツと製作に取り組んできましたが、終盤に差し掛かり難題に当たったカウリングの固定。
止めネジの受け側堅木は機種部上部の左右(説明書通り)に限られ、下側の止めネジはマチ針で探りながら堅そうな箇所に。
マフラー排気箇所の切欠きは機首下部(受信機電池箇所)に内側から堅木を接着しました。

やっと指が入る程度の狭いスペースで作業は意外と難しい。
何とかこれで固定は出来たようです。

付属のパイロット人形が余りにもマンガチックなので交換したいのですがどうやらコクピットと一体化しているようで、然もキャノピーはビス止めではなく同色粘着テープでシールドされています。

止む無く断念。

国籍ロゴ等のシールはカットされていないので自分で切らなけれなりません。
円形は鋏では綺麗に切れないのでコンパスカッターでカットしますが中心部に針アナが開かないよう中心器を使います。


プロペラ、アルミスピンナー(3.25インチ)を取り付け一通り作業は終了。
機体を組んでみました。


なかなかいい感じ。
初飛行はお盆明けにはやりたいと思いますが猛暑続きですからね…。
そうそう、重心位置の確認を忘れてました。
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR