FC2ブログ

魚雷艇その2

先日購入したGS用のマフラー取り付け作業をしました。
既存のマフラーの船外に出ている排気パイプが外れず悪戦苦闘しました。
今回のマフラー取り付け構想はエキゾーストマニホールドに飛行機用GSマフラーを使い、水道の蛇口Lパイプを繋ごうと考えました。
処がドッコイ

飛行機用マフラーはリコイルスターターと干渉して取り付けが出来ません。
止む無くグローエンジン用マフラーに戻しました。
グローとガソリンマフラーの径が異なるのでガスパイプをアダプター代わりに被せ、その上からシリコンパイプを二重にして直接繋ぐことにしました。
処がドッコイ

今度はマフラー間の位置が大きく離れすぎてシリコンパイプが折れ曲がってしまいます。
どうすることもI can not 。行き詰ってしまいました。
どなたか良い知恵を授けていただけませんか。
スポンサーサイト



台風とゴルフ

元職場OBの例月ゴルフコンペをしました。
今回は6組。
雨が付き物のこのコンペ、今回は台風15号が近付いて来ています。
当初、大陸に向かっていたのに台湾付近で急に方向を変え日本に向かってきています。
何時ものことながら台風は中国や韓国よりも日本が好きなのでしょうか?
然も今回はよりにもよって長崎直撃のコースです。

スタート前から雨がぽつりぽつりと降り始めました。

しかし幸いなことにホールアウトするまで雨は待っていてくれました。
パーティーが終わってから降り始めました。
むしろ、雲に覆われて猛暑を避けることが出来ました。
一緒したF先輩が絶好調、ハーフ最終ホール前まで3オーバーだったのに最後にミスが…。
あまり上手過ぎると友達を失うことになるので調整したのかな?
今回はG先輩がエージシュートも達成しました。

魚雷艇

以前先輩から譲り受けていたガソリンエンジン搭載の自作魚雷艇PT-109です。
PT109 はジョン・F・ケネディ元大統領が太平洋戦争で海軍中尉として この魚雷艇の艦長を務めたそうです。

走行をさせたいとは思っているのですが問題点が2つあります。

①マフラーが取り外されています。
エキゾースト マニホールドの代わりにグローエンジンのマフラーが付いています。
円筒形のパイプを加工して自作とも考えましたが溶接技術は持たず…。
思い悩んだ挙句、地球堂に問い合わせるとマニホールドは無くマフラーのみ購入できました。
排気パイプの径が違うのでこんなことを考えてみました。

エキゾーストマニホールドの代わりに飛行機用マフラーを取り付ける。
排気が下向きになるのでLパイプが必要になります。
そこで水道の蛇口を買ってきました。

これを切断してシリコンパイプで接続。
マフラーだけでなく船体の改造も大変そうです。
問題点その②エンジンは37cc?空冷エンジンです。
ウオータージャケットの代わりに真鍮パイプが3周ほど巻きつけてあります。
オーバーヒートが心配です。
何とか寒くならないうちに走行させたいと思うのですが、大きいので自分の部屋で作業ができず、マンション住まいでは電動工具の騒音は迷惑をかけるし困ったものです。

Nicki Parrott (ニッキパロット)

私は日々You Tubeを閲覧するのが楽しみで、中でも音楽は大好きなジャンルです。
最近と言うか半年ほど前、初めて「Nicki Parrott (ニッキパロット)」というアーティストを知りました。
オーストラリア生まれ。女性ベーシスト兼ヴォーカリストです。
ヴォーカルは聴く機会が少なかったのですがペギー・リー、アニタ・オデイ、ローズマリー・クルーニーは好きなアーティストでした。
You Tubeでこのアルバムの1曲目「素敵なあなた」を聴いたときは衝撃的でした。
曲目自体は鈴木章治、北村英治などの演奏で聴き慣れていましたが、艶のあるシルキーヴォイスとでも言うのか、いっぺんで惚れ込んでしまいました。
女性ベーシストは珍しく然もヴォーカルと1人2役です。
通勤の車中でも楽しんでいます。
興味のある方は下記をどうぞ。但しベースを再生できるオーディオかヘッドフォンで聴かなければ良さは体感できないと思いますが。

巨峰が届きました

RCの先輩からブドウ(巨峰)が沢山送られてきました。
毎年ブドウ狩りに行かれるようで都度送って頂いております。
ビタミンCをたっぷり補給して残暑を乗り越えたいと思います。
ではこれから頂きます。
ありがとうございました。

大型客船コスタ・セレーナ

朝から恩師の仏前へ焼香をしてその足で長崎水辺の森公園に行きました。
長崎港には近年連日のように大型客船が入港します。
今日は「コスタ・セレーナ」が入港していますので写真を撮ってみました。
トン数は114千トン。巨大な動く海上ホテルです。
あまりにも大きくて1枚には収まりません。



全体を分けて撮るのに相当移動しなければなりません。
長崎港には他にもいろいろな光景を見ることができます。
帆船も港内クルーズしているようです。

三菱長崎造船所では大型船が数多く建造されています。

数年前には飛鳥Ⅱ(旧クリスタルハーモニー)、10万トン超のダイアモンドプリンセス、サファイヤプリンセスも当造船所で建造されました。
現在は大型客船「AIDA」が2隻同時に建造されています。

処が、船主からの仕様変更、相次ぐ設計変更で完成が大幅に遅れると同時に巨額の損失が出るそうです。
以前のダイアモンドプリンセスの時も建造中の火災により巨額の損失を計上したそうです。
完成予想図のようです。実に格好の悪い船だと思うのですが…。


全体の写真を撮るために対岸の山手に行きましたが中々撮影スポットがありません。やっと全景の見える場所にたどり着きましたが、天気が良いのに霞んで船影がよく見えません。PM2.5でしょうか。

右端に見えるクレーンは明治の産業革命遺産になった三菱長崎造船所の「ジャイアントカンチレバークレーン」です。
100年以上経った現在も現役で稼働しているそうです。

長崎港に入港する客船で最も大きい船はクァンタム・オブ・ザ・シーズ168千トン。世界には20万トンを超える客船もいるようです。
昔、不沈戦艦と言われた「大和」64千トンの3~4倍ですね。
船の重量は色々で総トン(商船、漁船)、純トン(旅客または貨物を運ぶためにつかわれる場所の大きさ)、排水トン(軍艦)、載貨重量トン(貨物船や原油タンカー)
などがあり、なんだか良く解りませんね。

お盆の仏様参り

昨日はRC先輩お二方の焼香に行ってきました。
今日は朝から家内の実家、北九州市までお焼香に。
長男宅に兄弟家族が集結。賑やかな宴会でした。
その後は家内が子供のころ可愛がってくれていた、おばさんのお墓へお参りに芦屋へ。(航空自衛隊芦屋基地の近く)
血のつながりは無いのですが昔近所に住んでいた方で生涯独身でした。自分の親の墓は数年に一度しか行かないのに、このおばさんのお墓参りは毎年欠かさず出向きます。
この墓地の木には毎年「セミ」が数多く群がっています。
近づいて写真を撮っていたら案の定シッコをかけられてしまいました。
その後私の両親の焼香に福岡に向かいました。
ちょうど高校野球、長崎創成館と群馬高崎の試合が開始。車内で一喜一憂。
到着直前に試合終了。残念ながら創成館が負けてしまいました。
例年ながら朝から夜まで長時間運転の日帰りでかなりハードで疲れてしまいます。

県民ゴルフ大会決勝

長崎県民ゴルフ大会の決勝が佐世保国際カントリー倶楽部で開催されたので競技委員として参加しました。
朝、家を出て間もなく雨脚が強くなり雷を伴って激しく降り出しました。
佐世保まで高速で1時間ほどですが、ワイパーを高速にしても前方がよく見えず速度は80㎞が限度です。
時折、水が張っている個所に突っ込むと激しい衝撃でハンドルがとられます。
数名の競技委員さんは途中、冠水で通行止めの箇所があり少々遅く到着しました。
なんとか無事到着しましたが、流石に雷と豪雨により午前中の部は順延になりました。
一旦、雨も小康状態になったので午後の部は11時から開催することになりました。
長崎は一部避難勧告が出されるほどの豪雨でした。

午後から雨は降ったり、止んだりでしたがプレーが中断することなく終了することができ一安心。
些か疲れました。
因みにシニアの優勝スコアーは73。一般は69でした。
順延した午前の部は今月末に同クラブで開催予定です。

サザエが届きました

先月、昨日、本日と続けてサザエが届きました。
以前の勤務地のお客さん、同好の友人からです。
もう20年も経つのにいまだに忘れずに夏冬には送って頂いています。
家族中サザエが大好き。特に娘婿は「刺身」が一番のお好みでビールが進みます。
一夜干しの「するめ」も入っています。これまた珍味。マヨネーズ醤油?

我が家の定番メニューは「エスカルゴ風サザエ」です。
何時も美味しく頂いております。
ありがとうございます。

世界新三大夜景ですが

先日職場に業務用大型プリンターが導入されました。
そこで空撮写真をA1大型サイズでパネルにしてクラブハウスに掲示しましたが中々の評判です。
すると今度は長崎の夜景を希望する話が出てきましたが、適当な写真がありません。
そこで自分で撮影してみようと稲佐山に出かけました。
長崎の夜景はモナコ、香港とで世界新三大夜景になっているそうです。
頂上はこの時期一般車両が進入禁止になっており公園駐車場からシャトルバスに乗り換えです。
バスは次々に出ているのですがどれも満席です。
頂上に到着するや否や突然に深い霧に覆われてしまいアウト。
しかし折角登ってきたので展望台に上がりましたが、人人人で中々三脚を立てる事も出来ません。

一応シャッターを切ってみましたがやはり霧の中。
暫く待ってみましたが一層深くなるばかりです。
また出直すことにして諦めて帰りました。
空撮もそうですがシャッターチャンスは滅多に無いことを痛感しました。
あ!これ昨夜の話です。

プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR