FC2ブログ

ようやく10,000件

ブログを始めてから1年7か月。
訪問者件数が一昨日でやっと10,000件になりました。
残念ながら、あまり人気が無いようで1日平均約16件です。
でもこんなブログにも訪問して頂く方がいらっしゃるのは有り難いことで感謝しております。
 
最近は飛行回数もめっきり少なくなり、製作意欲も下降ぎみ。
ややネタ切れの感ありです。
「天気に恵まれない」「仕事が忙しい」は言い訳にならず。
何とか奮い立たせて頑張らねば。
身体が動かなくなってからでは飛ばしに行けませんからね。
 

職場のクラブハウス前には高松宮殿下・妃殿下による御植樹の「タイサンボク」「オガタマノキ」があります。

その「タイサンボク」(モクレン科)に大輪の花が咲いています。
スポンサーサイト



母の旅立ち

19日(木)19:26に95歳の天寿を全うしました。
ここ2年程入院し数回の危機もあり覚悟はしていましたが遂にその日が訪れました。
 
当日、長男から危篤との連絡がありましたが、急ぎの仕事を処理し通常よりやや遅く退社。
帰宅後すぐに福岡に向かいましたが途中の車中で携帯に「今息を引き取った」との連絡。残念ながら間に合いませんでした。
 
20日通夜、21日葬儀を執り行いました。

母は物静かで、口数が少なく、控えめな性格。
人様の悪口話や愚痴など聞いたことが無く、また、これまで怒られた記憶もありません。
 
母の生い立ち、人生は波乱に富んだものだったようです。
名前は「トニ子」と珍しく、12番目に生まれた子ということで付けられた名前だそうです。
産みの母は出産直後に亡くなり、母親の顔を知らずに育ちました。
その後父親が再婚し、育ての親には可愛がってもらったそうです。
しかし、数年後には父親も亡くなり、程なく育ての親も家を出て、遂には親無しになりました。
そこで各兄弟の所に身を寄せながら成人したようです。
 
その後満州に渡り父と結婚し、2人の娘も授かり、漸く幸せな人生がスタートしました。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
処が終戦になり満州から引き揚げ途中、ジフテリアが流行。僅か5日間で2人の娘は次々に亡くなり、一挙に子無しとなり、服を見ては泣き、靴を見ては泣き、辛く悲しい日々を送ったそうです。
5歳と3歳の可愛い盛りでした。


 
 
 
 
 
 
 
 
その後兄と私が生まれましたが子供の頃、熱を出したり、風邪をひいても、またすぐに死ぬのではと不安だったと聞いております。


 
 
 
 
 
 
 
その後は平穏で幸せな人生だったと話しておりました。



 
 
 
 
 
 
7年前父が他界しましたが、支えを失ったのか、精神的にも肉体的にも急激に衰え、口癖のように「長生きして迷惑をかけてごめんね」「早くおじいちゃんの所に行きたい」と言っておりました。
 
これで漸く念願のオヤジの所に行くことが出来、あの世では2人の娘にも会い、満州時代の4人揃った幸せな家庭が甦ったものと思っています。
 
家族との永遠の別れは辛いことですが、両親とも90歳以上まで長生きしてくれたのですから幸せ者と感謝しています。

6月15日フライトレポート

珍しく風の穏やかな天気。
只、遠くの山は霞んでいます。PM2.5?
本日の出席者は9名。

 
どうやら雲が低く垂れこんでいるようでメンバーが飛ばす機体が雲(霧)でしばしば見えなくなり危険な状況。
やっと1か月ぶりに飛ばせると楽しみに登って来たのに…。
ヘリのホバリングなら大丈夫。

 
1年程前に壊した「Mig3」を漸く修理しテスト飛行のため持ってきたのですが、次回に持越しです。

昼過ぎから雲は幾分高くなりましたが、今度は風も強くなってきたので無理はせず退散しました。
 
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR