FC2ブログ

6月29日フライトレポート

天気が不安定のようで、刻々変化する天気予報。降り出さないうちに登ります。
飛ばすのは「今!でしょう」
曇天、無風、参加者は約10名。
 
KW会長は「PT26]「3Dエクストラ」「スピットファイヤー」

 
YSさんは「COO」いい飛びしてますね~。

 
NGさんは「スポーツZERO」

 
TJさんは「エクストラ」と各種電動機。

 
Mさんは「ドーントレス」と先日のクワッドコプター。

 
私は写真を撮り忘れましたが、「飛燕」と先日に引き続き「P47サンダーボルト」のエンジン調整。
FSα110のプラグを新品に交換しましたが変わらずアイドリングが不調。
根気よく調整した結果かろうじて機体が動き出さない程度までにはなりました。
燃料の液面差?どうやら私の調整技能ではこれが限界のようです。
フライトしてみましたが問題ないようで、着陸もエンストせずソフトランディングしてくれました。
処が、またリトラクトのロックが不十分で暫らく走った後に片方の脚が引っ込んでしまいました。カムを平らに整形したが掛りが浅く無理のようです。
1サイズ大きなリトラクトに交換しましょう。
スポンサーサイト



エンジン調整

本日の天気予報は曇りのち雨、前の山は雲に隠れ今にも降りそう。
降り出す前に調整だけと、飛行場に上りました。
 
「チップマンク」はOSSF60のキャブレターを以前購入していた新品に交換しました。

スローからハイまですぐに調整完了。2フライトした結果good.
 
「P47サンダーボルト」はOSFSα110.これまでアイドリングが安定せず、着陸時はエンストします。
 
ハイは2回でほぼOK。スローは1時間以上かかって調整を重ねましたがどうしてもアイドリングが安定しません。正立にしても駄目。
汗だく、腰は痛くなり、スターターバッテリーは無くなり、新品の替えプラグ交換も工具が無くて不可。
後日改めて再チャレンジです。

6月16日フライトレポート

今年の梅雨は中休みが多く、数多く遊べますが、田植え時期の水不足が深刻な地域もあるようで心配になります。
本日の参加者は7名と1匹。
 
KW会長は「PT26」、KGさんから回ってきた機体。

 
NYさんは「ダッシュ45」Wさんから回ってきた機体。

 
YSさんは早くも「COO」で登場。軽快なフライトでした。

 
Mさんは超ミニ「クワッドコプター」。超安定でビックリ、ロールまでします。

僅か1セルの手のひらサイズの物が結構風のある中これ程軽快、超安定で飛ぶようになり、また4個のLEDも付属、夜間飛行まで可能だそうで進化しましたね。

 
Wさんは「ムスタング」

 
私は「P47サンダーボルト」「ズリン45」

「P47サンダーボルト」はエンジン調整が不十分なまま飛ばしたらエンストしてしまいました。高度もあったので綺麗なソフトランディングで帰還してくれました。
処が脚がロックされてなかったようで途中で引っ込んでしまい翼下面はアスファルトでヤスリをかけられてしまいました。
お粗末。
 

スピットファイヤーの修理

以前友人から譲り受けていた京商「スピットファイヤー90」を昨年飛ばしたところ、壊してしまいました。
飛行中に、ダミーラジエーターと共にフィルムが大きく剥ぎ取られ吹き飛んでしまいました。
何とか飛行場までは、たどり着いたものの流石に失速、大きく傾きハードランディングし脚部とラジアルマウントを破損。
長期入院していましたがやっと手術することに…。

 
外開きリトラクトの耳部分も折れてしまいました

 
替えが無いので電動リトラクトを載せます。これなら外開きもOK.。
脚もピアノ線からオレオ脚に交換。

 
従来エンジンはFSα110を載せていましたが「P47サンダーボルト」に移したので、FS120を搭載することにしました。
処が、エンジンカウルから20ミリ程飛び出してしまいます。
止む無くボックスタイプマウント部分を鋸で切り落とし、シナベニア9ミリをエポキシでイモ付けしました(裏には三角材を貼り付け)。ボックスマウントは僅か3ミリのベニアなので更に四方をL金具で留めます。
 
 
翼はソーラーテックスを貼りました

メカルームもリンケージも全面的に作り替えをしました。
後は一番苦手な色合わせ塗料作り、艶消しウレタン塗装が残っています。
修理の方が時間、手間が掛るようですね。何時になったら完成するのやら。

6月8日フライトレポート

天気予報が変わり本日3時ころから雨、降りだす前に上りました。
本日の出席者は6名と1匹。
 
ARさんは「カルマート」

 
NYさんはノーマルエンジンに交換した「ダッシュ45」

 
YSさんは「スカイウィング90」とマトリクスの「メンター」

 
KW会長は3D「エクストラ」

 
Mさんはグライダー

 
私は「チップマンク」

 
EDF「F16」も

飛ばそうとしてエンコンスティックをハイにすると、バリバリと激しい音とともにブレードが砕け、こぼれ落ちてきました。

モーターだけが転がっています。
モーターを取り出してみるとシャフトが「への字」に曲がっています。

2年以上飛ばしていますが老朽化?それにしても、どうしてこんなことが起こるのでしょうか?
ブレードが欠けてバランスが崩れたとか?
 

6月4日フライトレポート

N先輩が遠路久しぶりにお見えになりました。
梅雨の合間、快晴微風の良い天気。
本日の参加者は3名。
 
OさんはSAITO40ccの「GeeBeeR3」 軽快なフライトでした

 
N先輩は長期間ブランクがあったので「スポーツウィング90」で慣熟飛行

 
私は「P47サンダーボルト」FSα110に換装。前回のフライトで引脚サーボのギアが舐めたのでリトラクトも電動に換装。さすがに飛行はパワフルになりました。

「メッサーシュミット」は軽快にフライトしてくれましたが、2回目の飛行中に空中分解。
最近修理した主翼が強度不足だったのでしょうか?しっかり補強したはずなのに。
回収した主翼の断面部分は中央部で、修理した箇所とは違うようなのですが…。
只、片方の主翼はサーボ、脚が付いたまま行方不明です、山中を随分捜しましたが「ダニ」が怖いので諦めました。
 
久しぶりにN先輩とも一緒にフライトができ、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

大村公園の花しょうぶ

4月の桜に続き花菖蒲を見に行きました。
平日にもかかわらず駐車場は満杯で臨時駐車場に。
編み笠のおねえさん達?もお手入れが忙しそう。

 
種類は江戸系110種、肥後系48種、伊勢系13種だそうです。


 
玖島城の長堀・南堀跡に30万本の花が咲いています。


 
久しぶりの天気に恵まれたものの日陰に入りたい暑さになりました

 
茶屋で梅が枝焼(梅が枝餅?)とお茶も美味しく頂きました

 
板敷櫓から見た南堀の風景

 
板敷櫓を背景に

重心調整おもりの作製、取付け方法

スケールファンN先輩に教えてもらった、ガソリン機の重心調整おもりの作製方法。
簡単かつ、機首先端に取り付けるので効率が良く上々です。
 
<用意する物>
Aガスバーナー(ホームセンターで購入) 
B:片手鍋(雪平鍋100均で購入、中央部が盛り上がった物、径サイズは予め測っておく)
C:必要数量の鉛

<作製方法>
鉛を鍋に入れバーナーで溶かすだけ(簡単3分クッキング)。
溶けた鉛が溝部分に溜まるので固まるまで水平に保つとドーナツ型が出来あがる。
後はドリルで4つ穴を開け長いボルト、ナットでマウントに固定するだけ(チョークレバーの穴も開ける)。

従来は試行錯誤して苦労をしていましたが、これは極めて簡単、確実です。
 
プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR