FC2ブログ

愛機「彗星」の改修

I 先輩から譲り受けた艦上爆撃機「彗星」。ケント紙を使用した「紙飛行機」

 
数回飛行するとマフラーの延長パイプが外れる。車のマフラー用耐熱接着剤を使用したが駄目。

 
そこでピッツマフラーに換装しました。延長パイプはガス用を使用。(耐熱性は?)

 
これまでチョークレバーも無かったので作成しました。
只、エンジンの真後ろに有るためピアノ線を複雑に曲げやっと前面から操作出来るようになりました。試行錯誤で苦労しました。

 
エレベーターのリンケージが1サーボ、Y字ロッド仕様となっていた為か着陸時はエレベーターが効かず(たわみにより反応が遅れる)ハードランディングになっていました。

 
そこで2サーボ、2ロッドの直線リンケージに変更。ガソリン機程の大きさになるとY字では無理があるようです。ラダーはロッドからワイヤーに変更しました。

重心がやや前なのでカウリング内の錘を外そうとしましたが、接着剤で塗り固めてあり、カウリングを壊しそうなので諦めてこのまま飛ばすことにします。
 
スポンサーサイト



すわ一大事

昨夜は強い風が吹いていたが、今日は落ち着いた様子。
只、あまり気が進まず家でボーとしていましたが天気も良くなったことだし、先日の寝たきり老人「チップマンク」のみを持って1時半ころ登りました。
本日は9名の参加。
 
HYさんの「ターボレイブン」が新登場。

 
Wさんは「ムスタング」。
HYさんの「零戦」と素晴らしい見応えのある空中戦を展開しました。

 
KGさんの「エアロスバル」

 
HURさんの
「エアロスバル」「ムスタング」
 
 
HIR君の「ムスタング」を真ん中に3機揃い踏み

 
3時を過ぎたころ火災発生。

メンバーが焼却場でゴミを焼いていたところ、風で飛び火。
数か月前草刈り機で刈った枯草がそのまま一面に広がっており、強い風も重なり、まるで導火線に火を着けたように一気に燃え広がり、消火器2本と各自持参しているポリタンクの水をかけてもままならず。
止む無く消防に出動依頼。
周囲は山、火の勢いは強まる一方、山火事にも発展しそう。
消防も警察も場所が分からずメンバーが途中まで迎えに行き、30分程して消防車パトカー7~8台到着。
しかし、火はほぼ自然鎮火。山の木々への類焼は免れたが関係者にご迷惑をかけてしまった。
只、一つ残念なのは、消防隊の方々から注意は受けたものの終始紳士的であったが、警察関係者の中で一人の刑事が「火を着けたのは誰だ」、しかも高圧的な態度。(他の警察関係者は紳士的でしたが)
まるで放火犯捜しでもするかのような態度。帰るときには一言二言、言い訳したうえで、自分もラジコンはしたいと思っているが忙しくて…。(貴方が入会希望しても多分我がクラブでは誰も歓迎しないと思いますよ)
消防隊の方々は鎮火後の種火を長時間綿密に調査、ハンドポンプで水掛けをしておられました。頭の下がる思いです。
 
関係者の方々には深くお詫び申し上げます。

こんな機能まで

私が使用しているスマホは「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」で、スマホ歴は2か月。

 
先日、試に外出先からナビを使用して帰宅。
音声はFMトランスミッターによりカーラジオからガイダンスが流れます。
通常のカーナビと何ら違いはない。
処が、帰り着くと「目的地に到着しました。お疲れ様でした」までは同じだが、何とディスプレー画面にマイカーと我が家の駐車場が表示されている。

あれ~?…。
そうか…Googlmapのストリートビューと連携しているのか。
最近のカーナビも同じかな?
進化しているのですね。

眺望が失われる

最近我が家の周辺は建設ラッシュが続いています。
マンション、県、市営のアパートの建て替え等々。
ベランダからの東側には県営アパートの工事が進み、遂に眺望が遮られました。

 
ベランダ正面。遠景の市営アパートは半分ほど建て替え完了。(全5~6棟?)

 
西側ベランダから南西方向。小学校、市営アパート、マンション他

 
西側ベランダから西方向。
スーパーマーケット、ショッピングセンター、県営アパート群

 
北側にはマンション用地が造成完了。

 
眺望が失われるのは残念ですが、周りの人達からすると私の住んでいるマンションも邪魔な存在でしょうね。
お互い仕方がないことかもしれませんね。
 
建て替えアパートは総て高層化され、ただでさえ夜間人口の最も多い地域なのに益々人口は増加。通勤時のラッシュに拍車がかかりそうです。

車検

この車に乗って十数年経過、買い替えたいが金が無い。
当分車検をして我慢する以外ありません。
 
トヨタエスティマ(古くてもグリーン車)

 
これまで約10年ほど「ユーザー車検」として自ら陸運局で車検を受けてきました。
しかし相当に古くなってきたので、安全のため整備、車検を受けることにしました。
費用は5~6万円高くなりますが、安全優先です。
 
代車は日産のハイブリッドカー。

こんなハイテクカーに乗るのは初めて。
エンジン始動もボタンを押すだけ。快適な乗り心地ですね。
欲しいな~。
 

寒い1日でした

本日の出席者は約10名。
比較的風は穏やかでしたが、寒い1日でした。
 
HRさんは新作機のエンジンをブレークイン。順調に初飛行をしました。

 
Wさんのムスタングは漸く調整も完了し、軽快なフライトでした

 
TJさんはスタント機で出場

 
KGさんは「PC9」と「コマンダー」をフライト

 
今日も鍋。寒いときにはこれに限ります(餅や卵も追加したスペシャル鍋)

 
ARさんはヘリエンジンの始動に苦慮。アドバイザーが多過ぎじゃ?
「船頭多くしてヘリ(船?)山に上る」?

 
私は寝たきり老人の「チップマンク」を久々に叩き起こしましたが、元気に飛んでくれました。

 
私の機体にはパソコンで作製した「フィリックスキャット」をトレードマークとして付けてます。

 
アクシデントが2件
電動(6セル)「CAP」。順調にフライトしていましたが、突然エルロンが不能に。

もう1件は、モーターグライダーが行方不明に。皆で1時間ほど捜索しましたが発見できず。
 

言い得て妙(2)

ジョーク その2
 
<平和愛好国日本
 
国連ロビーで各国代表が「優等生面の日本を怒らせる方法はないか」と茶飲み話に花を咲かせていた。
まず中国代表は「当方は釣魚島(尖閣諸島)の主権を主張し、何回も上陸した。時には日本の主張する領海侵犯もするが、相手は拡声器の抗議だけで、冷静なものさ」。
次いで韓国代表。「それは独島(竹島)も同じだ。当方は実質占領しているが、日本は時々思い出したように抗議するだけで、実力行使などはまったくないな」。
ロシア代表は「そんなの小さい、小さい。彼らが北方領土と称するものは、戦後ずっとロシア領にしているが、たまに船で近づいてきて、望遠鏡で覗くだけだ」。
終始興味深げに聞いていた北朝鮮代表は「それじゃ、当方が核攻撃を仕掛けてみるか。それなら日本も怒るだろう」。
これに対し、米代表がすぐ首を横に振って言った。「無駄だね。それはもう我が国がやった」。
 
 

言い得て妙(1)

先日新聞にある大学教授のコラムが載っていた。
私はこの種のジョークが大好きなので転載してみました。
 
<青いキリン>

ある世界的大富豪が「青いキリンを見せてくれたら、莫大な賞金を出そう」と提案した。
各国はそれぞれ国を挙げて取り組んだ。
英国は、そんなキリンが一体この世に存在し得るのか、与野党で大議論に明け暮れた。
ドイツはあらゆる文献、資料を徹底的に調べ上げた。
米国は青いキリンを求めて世界中に軍隊を派遣したり、無人探査機を飛ばしまくって、地球から宇宙までくまなく調べた。
中国は青いペンキを買い、従来のキリンに塗って「出来た、出来た」と誇称した。
一方日本は残業に次ぐ残業で、昼夜を問わず品種改良を繰り返し、とうとう青いキリンを作り出した。
韓国に至っては、「日本のキリンは元々韓国に住んでいたものだ」と朝野を挙げて主張した。
 
注:画像の青いキリンは中国方式に習い青く塗ったもので実在しません
 

一周忌

今日は、ラジコンの先輩(私の兄貴分) I さんの命日。一周忌です。
以前はラジコンだけでなく仲間で毎年、小旅行、飲み会など楽しい日々を送りました

航空祭にもよく行きました

飲み会、キャンプも

家族連れで花見や、フキ、ツワ採りにも出かけました

楽しかった日々が想い出されます。
 
突然の病発症。血小板、白血球などが減少する原因不明の病気。
各種投薬の効なく、帰らぬ人となってしまいました。
今になってみると、最近話題の「殺人ダニ」と症状が酷似しており、疑いたくなります。
私たちはクラブで飛行機が墜落すると、皆でヤブや山の中に捜索に入ります。
ダニ媒介ウイルスに対するワクチン、薬は無いそうで、防御策は唯一、噛まれないことだけだそうです。
今後は十分注意しなければなりません。
 
先輩 I さんのご冥福をお祈りします。
 
 
 
 

バレンタインデー

昔は義理チョコが盛んで、職場でもチョコが行き交い、10個以上は持ち帰っていました。但し、ホワイトデーが大変だった想い出があります。
最近は幾分、下火になったのでしょうか?
「自分チョコ」に変わりつつあるのでしょうか?
今年は3個頂きました。
 
先ずは孫娘達から(4歳双子です)。

 
ご近所さんからも頂きました。毎年ありがとうございます。

 
それに、家内から。「貴方は恰好より、量が多い方がいいでしょ」(さすがに良く分かっている)と板チョコを何枚も先日付で貰ったので、半分は食べてしまいました。
毎年、渡すときには決まって「私からのチョコは義理チョコだからね」と念を押されます。
あれれ?

プロフィール

年金少年

Author:年金少年
年金生活者なのになぜか少年

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR